• 外来の患者様へ
  • 入院される患者様へ
  • 吉田病院について
  • 地域の先生方へ
  • 求職者の方へ

お知らせ

HOME > 吉田病院からのお知らせ

第4回 兵庫・長田 脳神経カンファレンス

この度、下記の如く「パーキンソニズム」をテーマとして研究会を開催させて頂く運びとなりました。本研究会を通じて、兵庫区、長田区の先生方の更なる病診連携の推進にお役立ち出来れば幸いでございます。

日時
2012年11月13日(火) 20:00~21:30
会場
神戸ルミナスホテル 「いちょう」の間
神戸市兵庫区塚本通6丁目2-11 TEL 078-511-7700

プログラム

【座長】 吉田病院 院長 吉田泰久

⊿ Case Repot < 20:00~20:30 > 

  『パーキンソン病とその類縁疾患の症例提示』
  吉田病院 脳神経内科 部長 細見 雅史

⊿ Lecture < 20:30~21:30 >

  『パーキンソニズムの鑑別と治療 ~ パーキンソン病を中心に ~』
  神戸市立医療センター西市民病院 神経内科 部長 城 洋志彦 先生

 

「認知症講演会のご案内」

この度、田淵神経科内科診療所 田淵 実治郎 先生をお招きし、認知症をテーマに以下のとおり講演会を開催させて頂くこととなりました。

特別講演 「認知症における症状と薬物選択」

座長 医療法人榮昌会 吉田病院 付属脳血管研究所 副院長 夏目重厚
湊川病院 院長 / 田淵神経科内科診療所 田淵 実治郎 先生

日時
平成24年10月23日(火) 19:20~

※当日は懇親会をご準備いたしております。

会場
兵庫勤労市民センター
神戸市兵庫区羽坂通4-1-1 TEL:078-576-0981
対象
地域の先生方
共催

ファイザー株式会社、エーザイ株式会社

 

「循環器疾患連携勉強会」(生涯教育2単位認定)

「循環器疾患連携勉強会」として以下のとおり講演会を開催させて頂くこととなりました。

特別講演 「循環器疾患診療の最近の進歩と考え方」

座長 吉田病院 循環器科部長 吉田 泰昌
神戸大学大学院医学研究科内科学講座・循環器内科学分野 教授 平田 健一先生

日時
平成24年10月11日(木)

※当日は懇親会をご準備いたしております。

18:30~     特別講演
19:45~20:00  ディスカッション Q&A
会場
ホテル北野プラザ六甲荘 2F「フェンネル」
神戸市中央区北野町1-1-14 TEL:078-241-2451
対象
地域の先生方
共催
兵庫区医師会、第一三共株式会社

 

認知症の地域連携を考える会

地域の先生方を対象に、「認知症の地域連携を考える」をテーマに以下のとおり講演会を開催させて頂くこととなりました。

基調講演 「当院における高次脳機能外来について」

座長 医療法人榮昌会 吉田病院 院長 吉田泰久
医療法人榮昌会 吉田病院 副院長 夏目重厚

特別講演 「認知症治療の最近の話題」

座長 神戸市立医療センター西市民病院 精神・神経科 部長 見野耕一先生
医療法人鳴子会 菜の花診療所 北村ゆり先生

日時
平成24年9月12日(水)19:00~
会場
オリエンタルホテル 神戸市中央区京町25
TEL:078-326-1500
対象
地域の先生方
共催
武田薬品工業株式会社

 

日本医療機能評価機構認定病院となりました。

認定証医療法人榮昌会吉田病院は、第三者機関である財団法人日本医療機能評価機構による病院機能評価を受け、平成18年6月に認定病院として登録されました。

「人格を尊重し生命を大切にする精神にもとづき、地域の皆さまに質の高い医療を提供する」という理念のもと、病院の機能が病院側の視点だけでなく、第三者機関に一定水準を満たしているかどうか評価いただくことで、地域の皆さまにより安心して受診していただけるのではないかと考え、財団法人医療機能評価機構認定に取り組みました。

財団法人日本医療機能評価機構による審査範囲は非常に幅広く、診療はもとより 環境、施設、医療サービスの質、看護のレベルにいたるまで、すべての組織機能が審査されます。
また一つ一つの行動が病院で取り決められた基準や手順どおりに徹底して行動されているか、それらがマニュアル化され、教育され、見直しがきちんと行われているかという細かい点についても審査されます。
このような非常に厳しい審査を経て、吉田病院は基準をクリアし、一定レベルを満たしていると評価されました。
吉田病院では、引き続き更なる医療の質の向上にむけ、全職員が努力してまいります。

→財団法人日本医療機能評価機構詳細はこちら

血栓溶解薬アルテプラーゼが保険適用になりました

この度、血栓溶解薬アルテプラーゼ(遺伝子組み換え組織型プラスミノゲン・アクテイベータ)の静脈内投与が、わが国でも保険適用となりました。本剤の静脈内投与による治療は、現在、脳梗塞超急性期の治療法として国際的な臨床研究で有効性が示されている唯一の治療法です。

しかしながら、血栓溶解薬は諸刃の剣であり、出血性合併症発現の危険が増大することを十分に銘記する必要があります。従って、望ましい治療効果を挙げ、合併症を軽減するためには、正しい知識に基づいて適切に施行する必要があります。本治療の対象は、発症3時間以内の超急性期脳梗塞に限られますので、発症時間がはっきりわかっていることと、できるだけ早く病院にお出でになることが大切です。

本院でも、すでに開設している脳卒中センターを中心に、日本脳卒中学会の静注療法適正治療指針に則って、本治療法を実施する態勢を整えましたのでお知らせいたします。

「脳卒中簡易ドック」を始めました

平成17年7月より、「脳卒中簡易ドック」を始めました。
脳卒中はわが国で死亡原因の第3位であり、寝たきり老人の4割を占めています。そのため、無症候あるいは未発症の段階で、脳および脳血管疾患あるいはその危険因子を発見し、それらの発症あるいは進行を防止することが重要です。

脳卒中の方がご家族におられたり、高血圧、肥満、喫煙などの危険因子を持っておられる方に特にお勧めいたします。

尚、検診で治療を必要とする疾患が判明した場合は、その後当院で責任を持って対処させていただきます。その場合は、保険診療となります。

検査概要

費用
15,750円(税込)
検察時間
約20分
検査項目
脳のMRI、頭部および頚部MRA(血管画像)の画像診断

※説明は検査後に行いますが、資料等の配付はいたしません。ご了承ください。

ご予約・お問い合わせ

吉田病院 地域連絡室
〒652-0803
神戸市兵庫区大開通9丁目2番6号
電話番号 078-576-2773 (代)
FAX 078-577-2792

直接ご来院の場合、地域連絡室にてお受けいたします。

ページトップへ

個人情報保護方針医療データ登録事業について(JR-NFT3)医療データ登録事業について(NCD事務局)