• 外来の患者様へ
  • 入院される患者様へ
  • 吉田病院について
  • 地域の先生方へ
  • 求職者の方へ

各部のご紹介

HOME > 各部署のご紹介 > 栄養管理室

栄養管理室

脳卒中は生活習慣病ととても関りの深い病気です。入院中はもちろんのこと、退院後にもより良い食生活を送っていただけるよう、管理栄養士がお食事を通して入院患者様をサポートしています。

栄養指導

入院中はいつでも承っております。外来でも受けられますので、お食事のことでお悩みの方は、お気軽にお声がけください。

栄養管理室の体制

管理栄養士 4名
給食委託 エームサービス株式会社

行事食

“食養生”の考えを取り入れながら、季節の食材を使ったメニューを節句、祝日などに提供しています。

4月

たけのこ、鰆、わけぎ、いちごと春の食材をふんだんに使いました。
たけのこなど山菜の苦みには解毒作用があります。

  • たけのこご飯
  • 鰆の利休焼き
  • わけぎのぬた
  • いちご

5月

稲荷のご飯には高野豆腐や干ししいたけを入れて、ひとつずつ丁寧に包みました。
海鮮茶わん蒸しにはホタテとあさりが入っています。

  • 稲荷寿司
  • 海鮮茶わん蒸し
  • ナスの揚げびたし 水ようかん

6月

みょうがの芳香成分は脳を刺激し、眠気を覚ましたり、血液の循環を良くする効果があるそうです。

  • 桜エビのちらし寿司
  • 冬瓜と鶏肉の煮物
  • みょうがのお吸い物
  • 水無月(和菓子)

7月

体に熱が溜まりやすいこの時期には、冷たいそうめんを。
キュウリやナスなども体の熱を取り除いてくれる食材です。

  • 七夕そうめん
  • 天ぷら
  • 水ようかん

8月

うなぎにはビタミンA、B1、B2が多く含まれ、夏バテ、食欲不振の防止には効果的です。

  • ひつまぶし
  • ナスとオクラのポン酢和え
  • 生麩のおすまし
  • メロン

ページトップへ

個人情報保護方針
医療データ登録事業について(JR-NFT3)医療データ登録事業について(NCD事務局)