• 外来の患者様へ
  • 入院される患者様へ
  • 吉田病院について
  • 地域の先生方へ
  • 求職者の方へ

各部のご紹介

HOME > 各部署のご紹介 >診療放射線室

診療放射線室

当院放射線科では脳出血、脳梗塞、脳腫瘍などの診断に必要不可欠なMRI、CT、血管撮影装置の画像撮影を行っております。
超急性期脳梗塞の患者様に対する血栓溶解薬の使用判断の一部には、MRIが使用されており、血栓溶解薬が使用不可能な患者様にはMRI検査に続いて、血管撮影装置を使用し血管内治療(血栓溶解術)が行われることがあります。

また、クモ膜下出血の患者様に対してCT、MRI検査の後、血管内治療(コイル塞栓術)が行われることもあります。 診療放射線技師6人全員がすべての装置を扱えるように厳しく訓練されており、マンパワーの少ない夜間帯にもこのような救急治療体制に対応しております。

MRI装置を更新いたしました

当院では2台のPHILIPS社製MRIが稼働しており、本年(2015年)、Intera 1.5TをInginia CX 1.5Tに更新いたしました。
更新した装置は最高クラスの傾斜磁場システムと世界初のデジタルコイルシステムの融合による優れたMRIシステムです。

デジタルコイルはコイル内でMRI信号をアナログからデジタルに変換することで、最もノイズ混入のない理想的な信号処理を実現しております。
高い磁場強度により短時間で高画質、高分解能の拡散強調画像(DWI)【画①】や非造影血管撮影(MRA)【画②】が撮影可能となり急性期の脳血管障害の診断に役立ちます。

更に、体動補正技術(Multi Vane XD)【画③】により動きの抑制の効かない患者様でも良好な画像を提供でき、診断能の高い検査が可能となりました。
また、寝台下部には200cmのコイルが内蔵されており、前面の頭頚部コイルと腹部コイルを組み合わせることによって広範囲をカバーでき、更に各部位に応じた専用コイルを自動選択することにより、全身の高画質検査【画④】が短時間で行えるようになりました。 もう1台のAchieva 1.5Tを最新ソフトウェアに更新し、2台が同じユーザーインターフェースを持つことによって、更に特殊な検査から救急検査まで速やかに確実な運用が可能となりました。

同時に、最新ネットワークタイプのワークステーションも導入しました。
CT、MRI、Angioの3つのモダリティのデータ処理や高度な画像解析を離れた4箇所で同時に作業が行えるため、処理の分散化や業務の効率化が可能になりました。【画⑤】
今回の更新によって、より多くの患者様の診断・治療に貢献できるものと考えております。
今後ともよろしくお願い致します。

 

ページトップへ

個人情報保護方針
医療データ登録事業について(JR-NFT3)医療データ登録事業について(NCD事務局)