• 外来の患者様へ
  • 入院される患者様へ
  • 吉田病院について
  • 地域の先生方へ
  • 求職者の方へ

各部のご紹介

HOME > 各部署のご紹介 > 看護部

看護部

看護部は、外来・手術室、急性期2階病棟(SCU6床含)、急性期3階病棟(SCU6床)、回復期病棟の看護を提供しています。


昭和43年に脳神経外科を立ち上げ急性期医療に特化していましたが、少子高齢化に伴い国が目指す在宅医療を受けて、平成25年5月に回復期リハビリテーション病棟を設置しました。

SCU(脳卒中ケアユニット12床)を開設、在宅部門の立ち上げ、急性期から回復期、在宅医療まで切れ目のない医療・看護を提供し、後遺症を残す脳卒中患者にとっては安心して在宅へと繋げています。

看護部の活動

外来・手術室部門

救急医療に力をいれ看護師、臨床工学技師、救急救命士が協働して迅速な対応を目指しています。

SCU(脳卒中ケアユニット)

救急室の横に6床、3階病棟に6床の12床を確保し、タイムリーに脳卒中患者を受け入れ迅速な看護を提供する環境を整え準備しています。

急性期病棟

入院患者中心の医療・看護を提供すべく他職種と連携しチーム医療の中核として質の高い看護を提供できるよう日々自己研鑽しています。

回復期病棟

患者が安心して家に帰れるよう看護師・PT・OT・ST・MSW・介護スタッフと協働し、患者・家族、ケアマネジャを含めた多職種とカンファレンスをしながら意見交換をおこない在宅に繋げています。

看護部の教育

教育では、教育委員が中心になり年間プログラムを作成し、看護師全員で指導をしています。各病棟に教育担当(主任)を配置しており、困った時にはプリセプターに相談ができる体制をとっております。

看護研究チームでは、メンバーで積極的に取り組み、院外で研究発表をしています。

院内ではスタッフが「チャレンジシート」を用いて師長面接を通して一年間の目標を立て自己研鑽しています。院外研修に積極的に参加し、新しい知識・技術を習得しても一人のもので終わらせないために、伝達講習をしております。

平成24年度から始まった看護学生の実習は、全スタッフの協力で続けられており就職にも繋がっています。 看護部一丸となり、急性期から回復期、維持期までの切れ目のない患者中心の安心・安全な看護の強化のため、教育に力を入れて質の高い看護を目指します。

また、時にはゆとりが持てるような環境を考慮した職場作りに取り組みたいと考えています。

看護部の理念

患者が安心できる質の高い看護をします。

看護部の目標

  1. 患者中心の安全で専門的な看護を実践するための知識・技術を習得し、人材育成に努めます。
  2. 急性期から回復期、在宅までの切れ目のない看護を実践します。
  3. 患者満足度を上げる接遇に努めます。
  4. コスト意識をもち、病院の経営に協力します。

ページトップへ

個人情報保護方針
医療データ登録事業について(JR-NFT3)医療データ登録事業について(NCD事務局)