• 外来の患者様へ
  • 入院される患者様へ
  • 吉田病院について
  • 地域の先生方へ
  • 求職者の方へ

施設のご紹介

HOME > 施設のご紹介 >回復期リハビリテーション病棟のご案内

回復期リハビリテーション病棟開設のご案内

吉田病院は脳卒中の救急医療をメインのミッションとして地域の皆様にお役に立てるように頑張ってまいりました。脳卒中という疾患の特徴として、急性期の治療が終了しても麻痺や歩行障害などの後遺症が残ることが多いため、在宅復帰までにはさらに長期のリハビリテーションが必要になるということがあります。

2012年秋に病院建物北側に新しく北病棟を増築し、2013年2月より回復期リハビリテーション病棟として運用を開始いたしました。
2013年10月1日付けで回復期リハビリテーション病棟入院料1の施設基準を取得しております。

このことにより、従来から力を入れていました脳卒中の急性期リハビリテーションから引き続いて、在宅へ向けた回復期リハビリテーションをすることができるようになります。 急性期からの継続したリハビリテーションの施行により、在院日数を大幅に短縮して在宅復帰までの期間が短くなる効果が期待できます。

また、脳卒中の再発予防の観点においても急性期を担当した医師が同一施設内にいるため、一貫した治療が継続できるメリットがあります。

私ども吉田病院は、脳卒中患者さまの在宅復帰を、より早く、より快適になるように努力してまいります。

院長 吉田 泰久

ページトップへ

個人情報保護方針
医療データ登録事業について(JR-NFT3)医療データ登録事業について(NCD事務局)