24時間急患の受付を行っています

MENU

手足の麻痺について

コラム

手足の麻痺について

麻痺とは、手足をうまく動かせない状態のことをいいます。通常手足は、脳の前頭葉にある動きの中枢から、脊髄、手足の神経(末梢神経)を通って筋肉に命令を伝え動かします。これらの経路に異常があると、脳からの命令が手足に伝わらず、麻痺が起こります。

手足の麻痺以外に見られる症状

脳の病気の可能性が高い場合

  • 口がもつれる
  • 言葉が出ない
  • 言葉がおかしい

考えられる頭の病気

脳梗塞、脳出血

脳の血管が詰まって血流が行かない場合を脳梗塞、脳の血管が破れて出血した場合を脳出血といいます。高齢者や成人病(高血圧、糖尿病、脂質異常症など)、心臓の病気のある方に多く見られ、すぐに脳神経外科などの専門医で受診されることが重要です。

脳腫瘍

脳の運動神経の近くに腫瘍ができた場合に麻痺が起こります。腫瘍の大きくなる速さによって麻痺の進行は異なりますが、徐々に片麻痺、単麻痺がみられます。しかし、片麻痺となる前に、頭痛やけいれん発作で見つかることも多く見られます。

慢性硬膜下血腫

頭をぶつけた後、1ヶ月ほどしてゆっくりと血液が頭にたまってくる病気です。高齢者やアルコールをよく飲む方に見られ、たまった血液が脳を圧迫して頭痛や片麻痺が起こります。

脊髄や末梢神経の病気の可能性が高い場合

  • 首、腰、手足の痛み
  • 手足の部分的な痩せなどを伴う

考えられる脊髄の病気

変形性頚椎症

首の骨や靭帯などが変形して神経を圧迫している

椎間板ヘルニア

首や腰の椎間板が飛び出して神経を圧迫している

後縦靭帯骨化章

脊髄の前にある後縦靭帯が骨のように硬くなり、増大して神経を圧迫している

腰部脊柱管狭窄症

腰の靭帯が厚くなったり骨がずれたりして、神経の通り道が狭くなる

脊髄の腫瘍や炎症、先天奇形、血管の奇形

考えられる末梢神経の病気

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺とは、顔の筋肉が動かなくなることです。顔面神経麻痺には大きく分けて脳(中枢神経)に原因がある場合と、顔面神経(末梢神経)に原因がある場合があります。MRIなどの画像検査で脳に異常がないか、調べてもらうこと重要です。

末梢神経に原因がある場合

顔の筋肉だけが動かなくなるという症状の多くは、末梢神経である顔面神経の麻痺によるものです。多くの場合、片側だけ目が閉じない、瞼が下がる、口が動かない、食べ物が口の端からこぼれるなどの症状が出ます。

当院での診察・診断方法

頭部・頚髄・腰髄のMRI検査などを行います。
また、脊椎・脊髄外科、三叉神経痛、顔面痙攣専門外来を設立しております。ご相談ください。

一覧へ戻る

診療時間

土曜日(午前)も専門医が診察します。

午前

9:00~12:00
(受付時間:8:30~11:30)

午後

14:30~17:00(受付終了16:30)

※水曜・土曜(午後)・日曜・祝日は休診です。

※救急外来は24時間、夜間・休日対応

外来担当医表

PICK UP

MEDIA

当院院長のインタビューがサンテレビジョンで放映されることになりました。 創立70周年を語る内容となります。

当院院長のインタビューがサンテレビジョンで放映されることになりました。 創立70周年を語る内容となり...

当院副院長の夏目重厚が新著を発刊いたしました!

当院副院長の夏目重厚が新著を発刊いたしました!

NHKクローズアップ現代”いつもの薬がない!?ジェネリック急拡大の影でなにが”に出演しました。

NHKクローズアップ現代”いつもの薬がない!?ジェネリック急拡大の影でなにが”に出演しました。

自覚症状のない「隠れ脳梗塞」が起こる原因と治療方法 医師が解説「高血圧の方は特に注意」

自覚症状のない「隠れ脳梗塞」が起こる原因と治療方法 医師が解説「高血圧の方は特に注意」

ラジトピで「認知症」と「もの忘れ」との違いについてお話しました。

ラジトピで「認知症」と「もの忘れ」との違いについてお話しました。

ハッスル健康相談室 教えて!吉田先生

ハッスル健康相談室 教えて!吉田先生

当院院長のインタビューがホスピタルズ・ファイルに掲載されました!

当院院長のインタビューがホスピタルズ・ファイルに掲載されました!

クローズアップ現代に“多剤服用”に出演しました

クローズアップ現代に“多剤服用”に出演しました

「病院の実力2018」に掲載されました!

「病院の実力2018」に掲載されました!

サンテレビにてテレビCM放送中です!

サンテレビにてテレビCM放送中です!

NHKニュース「おはよう日本」の「薬剤性認知症障害」の特集に出演しました。

NHKニュース「おはよう日本」の「薬剤性認知症障害」の特集に出演しました。

神戸新聞NEXT ひょうごの病院 ~吉田病院-脳卒中治療で県内屈指の実績~

神戸新聞NEXT ひょうごの病院 ~吉田病院-脳卒中治療で県内屈指の実績~

神戸新聞NEXT 長寿の作法 ~血圧チェックで脳卒中予防 吉田泰久~

神戸新聞NEXT 長寿の作法 ~血圧チェックで脳卒中予防 吉田泰久~

  • Hospitals File Hospitals File
  • Medical Note 地域の脳卒中診療を担い、地域を守る吉田病院の取り組み Medical Note 地域の脳卒中診療を担い、地域を守る吉田病院の取り組み

認定・資格

認定病院

当院は日本医療機能評価機構の認定病院です。

病院機能評価とは、適切で質の高い医療を安心して提供するために、専門の評価調査者が医療機関を中立的・科学的・専門的な視点で評価します。

第三者機関である公益財団法人日本医療機能評価機構により厳格に審査・評価が実施され、認定基準を満たした病院が「認定病院」と表記することができます。

  • 医療安全全国共同行動 参加登録病院

  • 日本脳神経外科学会専門医訓練施設

  • 日本脳神経血管内治療学会認定研修施設

  • 日本神経学会教育関連施設

  • 日本脳卒中学会認定研修教育病院

  • 日本脳神経外傷学会認定研修施設

FACILITY

  • 介護医療院よしだ
  • 通所リハビリテーション
  • 訪問看護ステーション