• 外来の患者様へ
  • 入院される患者様へ
  • 吉田病院について
  • 地域の先生方へ
  • 求職者の方へ

外来診療について

HOME > 外来診療について >手足のつっぱり・痙縮に-ボツリヌス(ボトックス)療法のご案内

手足のつっぱり・痙縮に-ボツリヌス(ボトックス)療法のご案内

当院では、脳卒中の後遺症などによる手足のつっぱり(痙縮)に対して、ボツリヌス(ボトックス)療法を行っております。 お気軽にご相談ください。

痙縮けいしゅく(手足の筋肉のつっぱり)とは

脳卒中でよくみられる運動(機能)障害の一つに痙縮という症状があります。痙縮とは筋肉が緊張しすぎて、手足が動きにくかったり、勝手に動いてしまう状態のことです。

痙縮では、手指が握ったままとなり開こうとしても開きにくい、肘が曲がる、足先が足の裏側のほうに曲がってしまうなどの症状がみられます。

痙縮による姿勢異常が長く続くと、筋肉が固まって関節の運動が制限され(これを拘縮こうしゅくといいます)、日常生活に支障が生じてしまいます。また、痙縮がリハビリテーションの障害となることもあるので、痙縮に対する治療が必要となります。

ボツリヌス療法とは

ボツリヌス療法とは、ボツリヌス菌(食中毒の原因菌)が作り出す天然のたんぱく質(ボツリヌストキシン)を有効成分とする薬を筋肉内に注射する治療法です。

ボツリヌストキシンには、筋肉を緊張させている神経の働きを抑える作用があります。そのためボツリヌストキシンを注射すると、筋肉の緊張をやわらげることができるのです。

ボツリヌス菌そのものを注射するわけではないので、ボツリヌス菌に感染する危険性はありません。

この治療法は世界80ヵ国以上で認められ、広く使用されています(2014年1月現在)。日本では眼瞼けいれん、 片側顔面へんそくがんめんけいれんのほか、次の疾患に対して医療保険の適用が認められており、これまでに10万人以上の患者さんがこの薬による治療を受けています。

  • 痙性斜頸けいせいしゃけい首や肩の筋肉の張りによる異常姿勢
  • 小児脳性まひ患者の下肢痙縮けいしゅくに伴う尖足せんそく
  • 脳卒中などに由来する手足のつっぱり
  • 重度のワキの多汗症

ボツリヌス療法の効果

ボツリヌス療法によって次のような効果が期待できます。

  • 手足の筋肉がやわらかくなり、動かしやすくなることで、日常生活動作(ADL)が行いやすくなります。

  • リハビリテーションが行いやすくなります。


  • 関節が固まって動きにくくなったり、変形するのを防ぎます(拘縮こうしゅく予防)。

  • 手足の筋肉のつっぱり(痙縮)をやわらげることにより、痙縮による痛みを緩和する効果が期待できます。

  • 介護の負担が軽くなります。



次のような症状はありませんか?

手足の筋肉のつっぱりにより・・・

  • 脇が閉じたり、肘が曲がり、着替えに時間がかかる
  • 手首が曲がり、着替える時、袖に手を通しにくい
  • 指が伸びずに爪を切りにくい
  • 手のひらを洗うのに苦労する
  • 歩いていると、腕が上がってくる
  • 手や足の関節がガクガクと震えて(クローヌス)、困る
  • 足がつっぱって、立ったときにフラフラする
  • 足がつっぱっていたり、かかとが浮いて歩きにくい
  • 歩くとき、足の指が曲がって痛い
  • 足がねじれて、靴や装具が履きにくい、または歩きにくい

「脳卒中の後遺症 手足の筋肉のつっぱり(痙縮)の治療について
監修:慶應義塾大学 教授 リハビリテーション医学医工連携 木村 彰男 先生 グラクソ・スミスクライン株式会社」より

治療のスケジュール(例)

ボツリヌス療法の効果は、注射後2~3日目から徐々にあらわれ、通常3~4ヵ月間持続します。その後、数週間で効果は徐々に消えてしまうので、治療を続ける場合には、年に数回、注射を受けることになります。ただし、効果の持続期間には個人差があるので、医師と症状を相談しながら、治療計画を立てていきます。

※ 次の投与までの期間には個人差があります。

注射部位

痙縮けいしゅくのみられる筋肉に注射します。注射部位は患者さんによって異なりますが、一度に数ヵ所、注射する場合もあります。

  • 手(上肢)の主な注射部位(例)

  • 足(下肢)の主な注射部位(例)


診療時間

日時
第2・4 水曜 14:30~16:30

詳細はお問い合わせ下さい。

ページトップへ

個人情報保護方針
医療データ登録事業について(JR-NFT3)医療データ登録事業について(NCD事務局)