• 外来の患者様へ
  • 入院される患者様へ
  • 吉田病院について
  • 地域の先生方へ
  • 求職者の方へ

外来診療について

HOME > 外来診療について >脊椎・脊髄外科、三叉神経痛、顔面痙攣専門外来

脊椎・脊髄外科、三叉神経痛、顔面痙攣専門外来(2021年4月より)

はじめに

このたび脊椎・脊髄外科ならびに三叉神経痛、顔面痙攣の専門外来を吉田病院で行うことになりました。脊椎・脊髄疾患は整形外科の疾患と思われる方が多いと思いますが、脳神経外科・整形外科の共通領域であり、世界的にも脳神経外科で治療を行っています。ただ神戸市内では整形外科医が主に行っているのが現状です。
脊椎・脊髄疾患は、社会の高齢化に伴い患者様の数が増加しています。脊椎・脊髄疾患の患者様は、手足のしびれ・痛み、首・肩・腰の痛みなどの感覚障害や、ボタンを留めるなどの細かいことがしにくい、歩きにくいなど運動症状を呈し、徐々に悪化して日常生活に支障をきたすようになります。転倒などのケガで急激に症状が悪化することもあります。
三叉神経痛の患者様は、片側の顔面の耐え難い痛みを生じ、痛みで顔を洗えない、食事ができないこともあります。顔面痙攣の患者様は、目の周りや口の周りにピクツキが生じてつらい思いをすることがあります。
 吉田病院では、これらでつらい思いをされている患者様が、少しでも症状が改善し、日常生活を問題なく行えるように治療を行っていきたいと思っています。お気軽にご相談ください。

当院のメリット

  • 専門医師が診察、治療を行います。
  • できるだけ当日に検査を行い、原因の究明と治療を行います。
  • できるだけわかりやすい言葉で説明して、患者様のご希望に沿った治療を行います。
  • 入院が必要な場合や緊急手術が必要な場合は、即対応します。
  • 手術を行う際は、顕微鏡を使用して神経に優しい低侵襲な手術を行います。
  • 手術から術後のリハビリテーションまできっちり当院で行います。

受診と診察の流れ(2021年4月より)

 
第1週 - - - - - - -
第2週 午前
- - - - - - -
午後
第3週 - - - - - - -
第4週 午前 - - - - - - -
午後

第2・4月曜日の午後から診察を行っていますので、受付で外来受診の希望をお伝え下さい。
基本的に予約は不要ですが当院に受診歴のある方は電話で予約することも可能です。
受診時に簡単な問診票を記入していただき、診察を行います。

診察医師の紹介

松本 洋明 まつもと ひろあき

神戸生まれ、神戸育ちです。2000年に愛媛大学医学部を卒業し、卒後9年間は愛媛大学附属病院、愛媛県立中央病院で、2009年からは地元の吉田病院、姫路のツカザキ病院で勤務して参りました。その間、良き師に巡り合うことができ、多くの患者様の治療に携わることができました。患者様がハッピーになれることをモットーに自己研鑽をしつつ、患者様の目線で診療・治療を行っていきたいと思っております。

資格

医学博士
日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脊髄外科学会認定医・指導医
日本脊椎脊髄病・脊髄外科学会認定脊椎脊髄外科専門医
日本脳卒中学会専門医・指導医
日本脳血管内治療学会専門医
日本頭痛学会専門医・指導医
日本神経外傷学会専門医・指導医
日本神経内視鏡学会技術認定医
日本脳卒中の外科学会技術認定医

 

各疾患についての説明

1.脊椎・脊髄の病気

 背骨は頭側から、頚椎、胸椎、腰椎の3つの部分にわかれており、いずれの部位でも障害が起こりますが、特に頚椎、腰椎で起こることが多いです。加齢に伴う変性疾患、外傷、腫瘍、先天奇形など様々な病気があります。脊椎・脊髄の病気を診察するときは、手足の動きの状態、感覚の異常(痛みやしびれの範囲)、排尿・排便の状態を丁寧に診察する必要があります。また、背骨の動きや状態をみるために、レントゲン写真、CTを撮影し、神経の状態をみるためにMRIを撮影します。

(症状)以下のような症状がある場合は、脊椎・脊髄の病気が疑われます。
  • 手足のしびれや痛み
  • 首や腰を動かすと手足のしびれや痛みが強くなる
  • 細かいことがしにくい:ボタンをとめにくい、箸がもちにくい、ペットボトルの蓋が開けにくい、タオルがしぼりにくいなど
  • 肩があがりにくい
  • 歩きにくい:階段をおりるのが怖く感じる、段差につまずきやすい、転びやすいなど
  • 坐骨神経痛:おしりから足にかけて下りてくるような痛み
  • 間欠性跛行:歩いているとだんだんと足やおしりが痛くなり、休まないといけない
  • 首や背中・腰の痛み:動かすと強くなる
  • 排尿・排便がしにくい
  • 転倒してから上記症状が急激に悪くなった
治療法

治療法としては、大まかに、1)薬物療法、2)神経ブロック、3)牽引などのリハビリテーション、4)安静療法、5)手術療法などがあります。当院では、薬物療法、安静療法、手術を行っています。

薬物療法

ビタミンB12などのビタミン剤、筋肉を柔らかくする薬、神経の血流をよくする薬、痛み止め、骨粗しょう症の薬などを処方します。

安静療法

カラーやコルセットを装着して首や腰の動きを制限します。

手術療法

神経の圧迫をとる除圧術を主に行います。脊椎・脊髄の病気では、背骨が動くことやずれで症状の悪化を引き起こすことがあり、そのような場合は、固定術といってスクリューやケージを背骨の中に入れて背骨を動かないようにする手術を行うこともあります。また、背骨の骨折などでも固定術や、椎体形成といって骨折部位にセメントを注入する手術を行うことがあります。

2.顔面痙攣

顔面痙攣とは

自分の意志によらず勝手に片側の目の周りや口の周りにピクツキが生じるものです。はじめのうちは、目の周りのみですが、だんだんと口の周りにも広がっていきます。ひどくなるとピクツキにより目の周りの筋肉が硬直して目が開けにくくなることもあります。稀にピクツキに同調して耳鳴りがすることもあります。これらの症状は、緊張や疲れなどで増悪し、目をぎゅっと閉じたり、口をすぼめることで誘発されます。顔面痙攣は、生命に関わることはありませんが、ピクツキが非常に不快に感じたり、周りの人に顔がピクついて変に思われているのではないかと心配し、憂鬱になることもあります。

原因

大部分は、顔面神経という顔の表情をつくる筋肉を動かす神経が脳から出てくるところで、動脈が接触していることで生じます。つまり動脈はどくどくと拍動しているため、それが顔面神経を刺激してピクツキが生じるわけです。

診断

顔面痙攣の治療を行っている医師がピクツキの状態をみれば一目で診断がつきます。またMRIを行って顔面神経と動脈の接触を確認します。

治療

治療は大きく分けて 1)薬物療法、2)ボトックス®療法、3)手術療法に分けられます。それぞれの治療にはメリットとデメリットがありますので、それらを考慮して治療法を選択します。

1)薬物療法

てんかんを抑える薬を使用します。効果が不十分なことが多いです。

2)ボトックス療法

ボツリヌス菌の毒素をピクツキが起こっている目や口の周りの筋肉に注射する治療法です。毒素により筋肉を麻痺させてピクツキを押さえます。比較的効果があると思いますが、根本的治療ではなく、効果も2~3か月しかないため繰り返しの注射が必要です。また、患者様によっては「顔が能面のようになった」、「目が閉じにくい」と感じることもあります。

3)手術療法

開頭術を行い、直接、顔面神経と動脈が接触している部分を観察し、神経と血管をはがします。根治が得られる可能性が高いですが、稀に再発することがあります。また、率は低いですが、後遺症(顔の麻痺、耳が聞こえにくい、飲み込みにくい、声がかすれる、めまい・ふらつきなど)を残す可能性があります。

実症例を見る

3.三叉神経痛

三叉神経痛とは

顔面や口腔内に耐え難い痛み(電気ショックのような、ズキンとするような、刺すような痛み)を生じるものです。痛みは、数秒~数分間持続する発作性のもので、顔を洗う、顔に風が当たる、口の中に食べ物が当たるなどの刺激で痛みが誘発されることがあります。痛みに波があり、痛くてたまらない時期とあまり痛くない時期を繰り返します。

原因

三叉神経という主に顔面の感覚をつかさどる神経に血管(顔面痙攣とは違って動脈・静脈のいずれでも生じる)や、稀に腫瘍などが接触することが刺激となり起こります。

診断

痛みの状態を詳しく教えていただいたうえで、MRIを行って三叉神経に接触する血管などを確認します。時に帯状疱疹、外傷、多発性硬化症などでも顔面痛が生じることがあるので鑑別が必要となることがあります。

治療

三叉神経痛の治療としては、1)薬物療法、2)手術療法、3)放射線治療、4)高周波パルス療法などの神経ブロックなどがあります。当院では、薬物療法と手術療法を行っています。

1)薬物療法

てんかんを抑える薬や、神経の痛みを抑える特殊な痛み止めを内服します。印象として薬物療法は、比較的効果があると思います。

2)手術療法

開頭術を行い、三叉神経と接触する血管を観察し、三叉神経から血管をはがします。根治が得られることが多いですが、顔面痙攣と比べてやや根治率が低い、再発する率が高いとの報告があります。また、率は低いですが後遺症(顔のしびれ、耳が聞こえにくい、めまい・ふらつきなど)を残す可能性があります。

実症例を見る

その他

舌咽神経痛

喉の奥や、耳付近にズキンと刺すような発作性の強い痛みを生じるものです。痛みは、食べ物を飲み込んだ時、咳、会話、あくびなどで生じることが多いです。喉の奥の感覚をつかさどる舌咽神経に動脈が接触して生じるとされます。頻度は稀です。三叉神経痛と同様に薬物療法、手術療法を行います。

ページトップへ

個人情報保護方針
医療データ登録事業について(JR-NFT3)医療データ登録事業について(NCD事務局)